入会案内 お問合せ
MENU

食のインバウンド化・グローバル化にむけて

食の多様性へ対応しよう

世界中から日本を訪れる外国人(インバウンド)が急増するに伴い、ベジタリアンやヴィーガン、ハラール、コーシャなどの宗教上における食のタブーに対応する必要が増えています。ハラールやベジタリアンも多様化しており、画一的に決めつけることはできません。また、国内外で食物アレルギーや生活習慣病など、健康上の理由から「選ぶ食」への食の多様性への配慮なども求められています。
こうした食の多様化やグローバル化で、最大の障壁となっているのは、食事に対する表記の不明瞭化であり、これが「食のバリア」となってしまい、食行動への機会損失が生じています。例えば中の具がわからないおにぎりでは、日本の食に詳しくない外国人や食物アレルギーのある人は安心して食べられません。

食の制限がある方々にもわかりやすい原材料表示を行うことで「食のバリア」を取り去り、誰もが食事を選べて楽しんでいただける機会を増やす、それがフードバリアフリーの基本的な考え方です。

一般社団法人日本フードバリアフリー協会では、食の多様化やグローバル化に向けて、「どんな料理か」「なにが入っているか」をわかりやすく表示し、食事を楽しめる機会を増やす取り組みです。食のわかりやすい表記によって、ひとりでも多くの人に美味しい食を安心して、選び食べてもらえるような環境づくりを目的に活動しています。

 

地域にも波及できるように

地域の農林水産業や地域事業者にも展開・活用していただくことで、インバウンドの集客などにつながることを目的に、日本全国での観光消費の向上、地域活性化に向けてフードバリアフリーの取組みを普及していきます。

フードバリアフリーにおける取組み

  日本食の美味しさや楽しさを失わないように

  原材料や調理法がわかるような表記を行う

  混入や誤記がおきないように最新情報を学ぶ

  食事の内容が伝わりやすいように、多言語やマーク等で表示を行う

  • ①食のバリアに対する正しい知識を得る

    ベジタリアンやハラル、食物アレルギーなどに対する正しい知識、市場の最新情報などを学びます。

    フードバリアフリーで行うこと1

    ②食事の内容をわかりやすく表示する

    食事のメニューを、日本の食に知識がない人や食の制限がある人が理解できるような表記にします。

    ③使用している食材を明記する

    食事に含まれる食材を正しく表示します。また、可能であればカロリー・塩分等の量の表記も行います。

    ④共通のマークで、誰にでもわかりやすく

    子供や外国人、障害をもつ方でも理解できるように、共通のマークなどで表記するようにします。

    フードバリアフリーで行うこと2

    ⑤フードバリアフリーを実践し、お客様に伝える

    フードバリアフリーに取り組んでいる企業、店であることを表示し、利用促進や集客につなげます。

    フードバリアフリーで行うこと3
    世界中の食の規律について

パンフレットダウンロード
DOWNLOAD
パンフレットダウンロード
arr
協会へのお問合せ
CONTACT US
協会へのお問合せ
arr